化粧水は大きく分けると4つの種類があります。
「一般化粧水」「収れん化粧水」「ふき取り化粧水」「柔軟化粧水」です。

それぞれの特徴を説明しますと、
「収れん化粧水」はアルコールを含むことが多いのが特徴で、
皮脂を抑え、毛穴を引き締める作用があります。
肌につけた感じは、さっぱりとした感じで、
スーッとした使用感があります。

「柔軟化化粧水」は肌につけるとしっとりとした感じで、
後に使う化粧品の浸透をより効果的にしてくれる特徴があります。

そしてこの2つの化粧水はPHが5.5~6.5になっており、
PHの表記が収れん化粧水には表記されています。

次にふき取りが目的であるのが「ふき取り化粧水」です。
化粧水の表示としても「ふき取り化粧水」と表記されています。
ただ、ふき取り化粧水として「収れん化粧水」や「一般化粧水」を
使う場合もあります。

そして、一般的に売られてている化粧水で、特別な表示がなく
保湿効果、柔軟作用がバランスよく一般的に売られているのが
「一般化粧水」となります。
肌につけた使用感は、さっぱりとした感じのものと、
しっとりとしたものの両方があります。

化粧品の種類イコール肌につけた使用感というわけではないので、
自分の肌の状態や自分の好みなどに合わせて、
話題の化粧水などを試してみるのは良い方法です。

また、昼用の化粧水、夜用化粧水といった具合に
使う時間帯で変えてみるのもよいかもしれません。

肌の4つのタイプについて

自分の肌のタイプをご存知でしょうか?
カサカサするから乾燥肌でテカリやすいから脂性肌と
思い込んではいませんか。

油分が少なめで、水分が多めなのが「普通肌」で、
脂分は少なめ、水分も少なめなのが「乾燥肌」です。

脂性乾燥肌とは、脂分は多め、水分は少なめ。
脂性とは、脂分は多め、水分は多めとなります。

他に「混合肌」といって肌の場所によってUゾーンが乾燥し、
Tゾーンがテカったりするタイプがあり、
実は多くの方が「混合肌」だったりするわけです。

あまり神経質になりすぎる事も良くありませんが、
肌はホルモンバランスなどで変化しやすく、
また、季節や環境でも変化します。
冬場、夏場、生理前など、季節や体調など、
スキンケアはそのときのコンディションにあわせることが大事です。

効果的に正しく化粧水を使うことで、さまざまな外部のダメージから
肌を守ることが出来ます。
自分の使っている化粧水が自分の肌質や目的にあった化粧水なのかを
一度チェックをしてみることをおススメします。