肌がたるんだり筋肉の力が衰えたりすると、まぶたがたるむようになります。まぶたがたるみ目元まで落ちてくると、目元はかなり重い印象になります。視界が狭くなって見にくいので、どうしてもまぶたに力を入れて目を開くようになり、眉間や額に自然にしわができるようになります。まぶたがたるむことで目つきの印象も変わり、表情がきつくみえるようになることもあります。まぶたたるみの症状が進むと眼精疲労や肩こり、偏頭痛にもつながります。まぶたは筋肉の力で持ち上げられていますが、その力が弱まると、まぶたはたるんでしまうのです。ひどい場合で正面を向いた状態でもまぶたが瞳孔にまで垂れたような状態を、眼瞼下垂と呼びます。この眼瞼下垂の症状がさらにひどくなってものを見るために下あごをあげるほどになると、頭痛や吐き気を訴えるようになることもあるのです。眼瞼下垂には、先天性のものと後天性のものがあります。後天性は加齢によるものやコンタクトレンズの長期装用やテレビゲーム、パソコンによる目の酷使によっても引き起こされます。まぶたは顔の他の部位に比べて皮膚が薄く、乾燥しやすくてハリを保つ力がやや弱いため、まぶたの皮膚そのものがたるみやすい部位なのです。まぶたは顔の中でも特別繊細にできていて、適度な脂肪と皮膚のハリ、そして筋力もバランスがとれていないとたるみを導くことになるのです。

まぶたたるみの予防とケア

まぶたのたるみといっても、まだそれほどひどくはなく、皮膚自体がたるんでいるだけの場合は、毎日のケアで改善することも可能です。肌の老化を予防することがまぶたのたるみ予防になるので、肌のアンチエイジングや老化対策が有効です。まぶたのたるみをケアするためには、アイケアクリームや目の下用のパックなどの化粧品も役に立ちます。目じりやまぶたに保湿成分を含む美容液を塗り込むことで、肌のハリをいくぶん解消し、まぶたのたるみを軽減します。またまぶたの周りをマッサージすることで、まぶたのたるみは解消できたり予防することも可能です。マッサージを行うと、まぶたのたるみのある部分が刺激され、血行がよくなって効果的なのです。マッサージは朝晩1分くらい行うようにし、それから眼の周りを指の腹で軽くたたくように刺激します。中指と薬指で目じりからまぶたのたるみに沿って鼻までなぞるようにマッサージをします。再びまぶたを通って目じりに戻り、目じりから頬を通ってあごの辺りまでマッサージをしましょう。年齢のせいで肌が老化するだけでなく、紫外線の刺激も肌を老化させます。紫外線の刺激で肌成分のコラーゲンやエラスチンが壊されると、肌の弾力が落ちてしまい、ケアしなければ治りません。紫外線によるまぶたたるみの悪化を防ぐためにも、紫外線カットやUVケアを冬場でもしっかりすることが必要です。

たるみ予防に筋肉を鍛える

筋肉が使われないといずれは弱ってしまうということは、まぶたに限ったことではありません。まぶたを支える筋肉も例外ではなく、加齢などの要素も加わってまぶたはますますたるみが出るのです。まぶたの筋肉を衰えさせないよう、疲れない程度に筋肉を鍛えることがまぶたのたるみ予防にも有効です。目の周囲には眼輪筋という筋肉があり、使わないでいると筋力も低下してしまいます。意識していないとなかなか使わない眼輪筋ですが、毎日少しずつでも鍛えることでまぶたのたるみ予防になり、表情筋と共に鍛えると表情も豊かになって若々しい印象になります。瞬きをわざと繰り返すようにすると、眼輪筋を鍛えることは可能なのです。下まぶたは、通常の瞬きなどでは動かすことなどまずありませんが、上まぶたを指で押さえながら下まぶたを持ち上げるような瞬きをしてみるといいでしょう。すると下まぶたの運動になりまぶたの筋肉を鍛えることができ、まぶたたるみの解消をはかれます。それから顔の運動で、顔を全体的に広げたり中心に縮めるようにしたり、目を大きく見開いてからぎゅっと閉じる動作を繰り返してみましょう。まぶたの瞬き運動もまぶたのたるみ予防に効果的です。毎日のちょっとあいた時間に数分間続けることにより、効果が現れます。場所や時間もきにせずにできる簡単な運動なので、毎日続けてまぶたのたるみを解消しましょう。