顔のいろいろな部分の中でも、眼の下のたるみは大変気になる部分で、そのせいで実年齢より上に見られてしまうこともあります。歳をとるにしたがって肌は衰えるため、眼の下にたるみができてしまうのです。肌のたるみは10代ほどの若い人にはありませんが、20代を超えると、だんだん肌のたるみに気がつくようになるのです。この眼の下のたるみは、顔の筋肉と皮膚が老化することで起こります。人は歳を取るにしたがって皮膚が薄くなる傾向があり、そのため皮膚の弾力性が落ちて保持機能も低下します。眼の下の細胞は年齢とともにそれぞれが浮腫のようになってふくらむため、肌が全体的に垂れ下がり、これがたるみになってしまうのです。眼を開けるときには上眼瞼拳筋という筋肉が働き、閉じるときには眼輪筋という筋肉が働きます。目の周りの筋肉はとても小さくて薄く、衰えやすい筋肉なので、加齢に寄って目の周りの筋肉が衰えてくると皮下脂肪を支える力が弱くなり、目の下のたるみの原因になります。目の下のたるみ具合を自分で確認する方法があります。口を大きく開いて天井を見るようにて、そのとき目の下に手でつまめる部分があるか調べてみましょう。手でつまめれば、目の下のたるみがあるということです。肌も歳をとると弾力がなくなってきて、毛穴は垂れ下がって楕円形のようになるので、このような毛穴が見つけられれば、たるみがあるのです。

眼の下たるみの原因とは

目の下のたるみが出る原因は老化以外にもいくつかあります。目の下のたるみは脂肪でできていて、目のまわりの筋肉が弱くなると肌は弾力を失うため、目の下の脂肪は支えられずに垂れ下がってしまうのです。血行が悪くなったりリンパの循環がよくなかったりすると、余分な水分や脂肪が排出されなくて、脂肪細胞が皮下組織で増えていくため、目の下にたるみができるのです。目の下の脂肪は体質的に多い人と少ない人がいて、生まれつき目の下の脂肪が多い人はくまやたるみができやすいようです。目の下に脂肪が多いと皮膚の色素沈着が濃く見えて、目の下のくまの原因になります。特に生まれつき目の大きい人や頬骨が張っている人はたるみが出やすいようです。日常生活が原因で、筋肉の力を低下させていることもあります。たとえばパソコンを1日中しているとか、パチンコを長時間していたりすると瞬きが減るので、目のまわりの筋肉が衰えます。油分が多く含まれた化粧品をずっと使っていると、目の下のたるみの原因になったりします。油性成分や界面活性剤といった基礎化粧品に使われる成分は、肌の弾力繊維を壊したりするため、目の下にたるみを作ることになります。それから紫外線によって、皮膚の真皮層にあるエラスチンやコラーゲンが弾力を奪われたりします。それで紫外線にながくさらされると、皮膚の弾力性が低下して、目の下にたるみができやすくなります。

目の下たるみをマッサージでケア

目の下のたるみの対策に、マッサージによって目元の代謝を高める方法があります。目の下のたるみに効果的なだけでなく、マッサージは皮下脂肪も寄せ付けません。あまり強くマッサージすることはよくありませんが、血行をよくすると新陳代謝もよくすることは大切です。肌がターンオーバーを正常に行うようになるので、皮下脂肪もつかなくなります。こめかみを起点にして、目の下へ向けて指の腹で軽く押すようにすると、効果的です。目の下のマッサージをしたら、次は目の上に持っていってまたこめかみに戻り、そこを押すようにすると、血流もよくなります。また目を強くつぶった後、ぱっと開くという運動を繰り返しても、目のマッサージになって、目の周囲の筋肉を刺激することにもなります。顔の筋肉を鍛える方法としては、顔を中心に寄せるようにして5秒数え、その後外側に広げるようにする方法があり、表情筋が鍛えられます。普段使わないような筋肉を使ってみると、これも目の下のたるみ防止になり、たとえば眉を上げたり、目元に力を入れたりしてみましょう。ただ気をつけないといけないのは皮膚が薄い人で、こういう場合こまかいしわを作る原因になりかねないので、その前に保湿をするようにしましょう。化粧水などで肌を整えるとき、目のまわりを軽くタッピングすると、血行がよくなって効果的です。とてもデリケートな目の下は、強くこすったりするような扱いは控えなければなりません。