にきびは、いろいろな理由で肌に発疹ができ、
それと同時に炎症を起こす症状です。
思春期以降のにきびは、ふきでものともいいますが、
にきびの症状は同じです。

にきびができるのは主に皮脂腺が多く集まっている顔か頭、
それから胸や背中などですが、
中でも顔はコンプレックスを持つことにもなり、
深い悩みの原因にもなります。

にきびのでき方には体質によって相違があるので、
皮脂腺が活発だと思われる人は、
にきびができやすく、対策も必要です。

特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、
そして初秋には、にきび対策をしっかりしておきましょう。

ホルモンバランスが変化しやすい思春期は
特ににきびができやすい時期ですが、
これは成長するにしたがって消えていきます。

成人以降にできるにきびは、ストレスや乱れた生活習慣、
そして乾燥などが原因になったりします。

また便秘のせいで体の中に毒素がたまってそれが体表面に移動し、
そのせいでにきびができることもあります。
顔ダニがにきびの元になっているという説もありますが、
ケアをきちんと行っていれば、顔ダニは普通無害なので、
むしろ顔の余分な皮脂を食べるというくらいで
特に気にすることはないでしょう。

にきびができた後のケアも大切で、それが正しく行われていないと、
悪化してしまったりにきび跡を作ってしまったりします。
間違ったにきびケアを続けていると、色素沈着を起こしたり、
クレーターができたりします。

肌の手入れを正しく行い、生活習慣や食生活にも気をつければ、
にきびを寄せ付けない健康な肌を維持できるはずです。

毎日のスキンケアは、にきび予防の上で一番大事なポイントです。
顔に出た余分な皮脂を洗い流すための洗顔は、
余分な角質も取り除いて毛穴も清潔にしてくれるので、
にきびを防ぐ上で大変有効なのです。

にきびを予防するのに使う洗顔料はできるだけ添加物の入っていない、
そして肌への刺激が少ないものを選びましょう。

にきびをケアするときは、弱酸性の洗顔料を使うのが理想的で、
それだとPH値を乱して肌に負担をかけることもなく、
にきび予防に効果的です。

洗顔の際には、まず33℃~37℃くらいのぬるめのお湯で
あらかじめ肌をぬらし、下洗いをしてください。

このぬるま湯であることが汚れを落としながら毛穴を開かせ、
さらに細かい汚れが落ちてにきび予防になります。

お湯は熱すぎると、皮脂が落ちすぎて肌の潤いもなくなり、
乾燥させてしまうのです。
この下洗いで、汚れの7割程度は落とすことができます。

また肌が乾燥する人は、ぬるめのお湯を使い、
下洗いを済ませたら、洗顔料を使って本洗いをしますが、
このときしっかり泡立てます。

にきびの予防には洗顔料の泡をしっかり立てることが重要で、
泡がクリーム状にまでなると、細かい粒子が出来上がり、
毛穴の中に入り込んで汚れをしっかり落としてくれます。

洗うときは肌をごしごしこすったりせずに、
泡を転がすような感じでやさしく洗いようにします。

すすぎはしっかりしないと洗顔料が残ってしまい、
にきびをまた作る原因にもなりますので、
洗顔の2倍の時間を目安によくすすぎます。
残った水分はタオルでやさしく抑えるように取り去りましょう。