いつの間にか突然顔などにできるシミ。
気がつかないうちにできているので、ショックを受ける人も多いはずです。
いったい肌にできるシミとはどんなものなのでしょうか。

シミとは紫外線が原因で色素沈着がおこり皮膚の表面が
茶色や褐色色に変化してしまう状態のことをいいます。

シミができてしまう原因は主に紫外線によって
メラニン色素が増えてしまうことにあります。

シミは肌の肌の下で育っているということも考えられます。
今はまだ表面に現れていなくても、時間の経過や加齢ともに
現れてくることもあるので気をつけなければなりません。

シミにはいろいろな種のものがあるのでそれをご紹介します。
ひとつは炎症性色素沈着というものです。
これは炎症をともなったやけどや、にきび、かぶれなどが原因で
起こるものです。
比較的レーザーなどによって治療しやすいシミが
この炎症性色素沈着です。

老人性色素斑は30~40代の人に多くみられるシミで、
老化現象の一種であるといわれています。
若いときからずっと日焼けなどで紫外線を浴び続けてしまった人は
この老人性色素斑ができてしまうことが多いようです。

紫外線を受けやすい手や顔、すねなどにできやすく、
シミの大きさは様々で個人差があるというのが
この老人性色素斑の特徴です。

その他に中高年以降の人に多く見られるのが、
脂漏性角化症です。
これは老人性色素斑にしこりのような良性の腫瘍が
できてしまうことによってできるシミです。
老人性色素斑と同じく、長期間紫外線を浴び続けてしまったことが原因です。
このようにシミはいろいろな種類があります。
シミの種類や特徴に合った治療・対策をすることが大切です。

シミの予防や対策はこの紫外線いかにしてどれだけ防ぐことができるか
ということに深くかかわっているのです。

人間の皮膚はターンオーバーという一定周期で肌の新陳代謝を
になってくれる働きがあります。

日焼けや紫外線を浴びることによって、
このターンオーバーの周期が乱れてしまいます。

そして皮膚にメラニン色素がたまってしまっても
それを除去することができません。

その結果メラニン色素が沈着してしまうのです。
本当であればお肌を紫外線から守るための働きをするのが
このメラニン色素なのですが、逆になってしまいます。

加齢などが原因で、新陳代謝の働きが弱まります。
するとそれがシミの原因になってしまうのです。

また紫外線や日焼けだけではなく、
普段の生活習慣が原因をなっていることもあります。

肌のターンオーバーの乱れには次のような原因があります。
それは過度のストレス・飲酒や喫煙・食生活乱れ・睡眠不足などです。
肌のターンオーバーが乱れるとホルモンのバランスが崩れ、
肌のトラブルの原因となります。

にきびや肌荒れ、シワなどがおこってしまうのです。
常に肌荒れやシミのリスクを背負っている人は
このような生活習慣の乱れている人だといえるでしょう。
規則正しい生活習慣を心がけ、食生活を見直してみることで、
シミのないきれいな肌をめざしましょう。