肌は体の外側から刺激を受け、体の内側から神経やホルモンの影響を多く受けるので
肌荒れとなって現れやすいです。

肌荒れの原因と対策について詳しくみてみましょう。
ストレスが溜まると脳の交感神経がストレスホルモンを分泌して、

肌が持つ免疫力を低下させて肌のターンオーバー、
新陳代謝が活発になりすぎます。

そうなると、新しい細胞が次から次に生まれては古い細胞が順に剥がれ落ちる、
という正常なパターンが崩れてしまうことになるのです。

免疫力が低下すると皮脂が過剰分泌され、紫外線によるメラニンも増加促進されてしまい、
肌荒れにつながってしまいます。

そしてビタミンB2が不足すると正常な細胞が作られなくなるので
肌荒れの原因となります。

肌荒れを防ぐためにまずしなければならないのは、
必要な栄養素を補うことです。

最近はサプリもたくさん売られていますが、
食事の中でも十分に必要な栄養素は摂ることが可能です。

食事面では、1日3食必ず食べるようにすることが
肌荒れ対策として気をつける点でしょう。

ダイエットをしている最中でも、
毎食、栄養のバランスのとれた食事を摂るように心がけていれば、
痩せながらも肌荒れもしないきれいな肌でいられます。

適度に油分を取るのも肌荒れ対策には良いことですが、
油分は取りすぎると油ばかり体が吸収し
他の栄養素を吸収できなくなるので注意が必要です。

肌荒れ対策にするためにも、
食事を改善し健康な食事を心がけることが大切です。