基礎化粧では化粧水は水分補給の役割を持ち、
美容液やクリームなどは化粧水の後に使用してその効果を補強します。

肌がどんどん乾燥してしまうと、
化粧水で補っても水分は失われるばかりです。

美容液や乳液は肌に膜を作って保湿を高め、
肌の水分を保つ目的で使用するのです。

肌には角質層と呼ばれる部分があり、
これが刺激から肌を守るバリアとなっています。

基礎化粧の目的である肌の保湿力の高い状態とは、
この角質層がみずみずしく正常な状態にある時です。

肌の角質層のバリア機能ができていないと角質が弱くなり剥がれてしまい、
さらに刺激も加わって肌荒れ、乾燥を引き起こしてしまいます。

角質層にはセラミドという細胞と細胞の間を埋めて水分を保持する細胞があります。
乾燥などでセラミドが流れると肌荒れや炎症の原因となります。
保湿状態を整え、肌のバリア機能を強化しなければなりません。

保湿力の高い基礎化粧品を求めるならば、セラミド入りのものがいいでしょう。
肌成分であるヒアルロン酸やコラーゲンなどが入った基礎化粧品も効果が期待できます。

美容液や乳液によって保湿効果を高め、
化粧水で肌にしみ込ませた水分が蒸散しないよう膜を作った方が、
より保湿力の高い肌を作ることができます。

肌の保湿は、基礎化粧品による日々のスキンケアが鍵です。