年齢を重ねるごとに肌のたるみが気になってくるのは自然なことですが、
女性なら誰しもたるみをなくしたいと思うものです。

でそれにしても、なぜ年齢を重ねるごとに顔はたるんでくるのでしょうか。
それは肌にも年齢があるからで、
人間の肌は細胞分裂いわゆる再生できる回数が決まっているのです。

そのため、肌が再生できなくなった時点でたるみが生じだすというわけです。

そもそも皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3つの層から構成されていて、
それを支えているのが筋肉です。

皮下組織には脂肪細胞が集中しているので、
脂肪が多くなれば当然たるみをつくることになりますが、
皮膚を支える筋肉がしっかりしていれば、たるみは起こらないのです。

たるみを作る原因は年齢による肌の老化に限らず他にもあるのですが、
中でも女性が一番気になる、ほほのたるみについて考えてみましょう。

ほほは顔の表情を大きく変化させる大切なパーツであり、
食生活や生活環境が大きく関わっていて、
食事をするときに口を動かして咀嚼筋を使ったり、笑ったり、泣いたりと
顔の筋肉は普段の生活ではあまり意識しないでもよく使っています。

もっと筋肉を使おうと意識することで、たるみを防ぐことは可能なのです。
生活環境の悪さが原因でストレスを感じてしまい、
気持ちも落ち込んで、自然と表情が暗くなると、
同時にほほも下に落ちてしまうのです。

もちろん疲労やエアコンによる乾燥、紫外線など
といった直接的な影響もたるみの原因になります。

たるみを防ぎ、改善するためには、
肌に良い食事を心がけることはもちろん、
健康的な生活をするようにして、
たるみの原因をよく知ることが何よりなのです。